【お金】に夢中

おはようございます。
今日も晴れて良い天気です056.gif

昨日、余談で【お金】のデザインについて少し書きましたが
私、お金好きなんです。(デザインが)
d0225198_101477.jpg

大半の国民がほぼ毎日、そして長い年月使われるそんな特別な存在ですから
相当に考えられたデザインなんだと思うんです。

調べてみますと、なかなか面白い! 以下ウェブ上で硬貨について調べてみました。

・1円  若木
--- 一般公募で決まり、表と裏は別の人のデザイン。若木はあえて特定の植物では無い。

・5円  双葉/稲穂と水、歯車
--- 農業、水産業、工業を表している。アラビア数字(5)が使われていない。
  穴の開いたお金は世界的に珍しい。

・10円 常盤木/平等院鳳凰堂
--- 26年、前半の物は鳳凰堂屋根上の鳳凰の尾っぽが上がっている。
  実際と異なる為翌年以降は訂正されて下がっている。らしい

・50円 菊
--- 1円同様一般公募。 62年の物は希少価値が高い。

・100円 桜
--- 42年から製造。57年までは最高額の硬貨だった。

・500円 桐/竹、橘
--- 記念硬貨以外では世界で有数の高額面硬貨。2000年にマナーチェンジ。
  ふちが斜めのギザギザで世界でも珍しいデザイン。 

じっくり眺めていますと、色々と考えられている事が分かります。
10円には珍しくリボンが使われているんですよね。
それに、私も気がつきませんでしたが額面の書体も統一されて無いんですね!
私はオール漢数字で凝ったデザインの5円が好きです。

ラベルに硬貨に登場する竹や菊などは無かったので、「日本っぽい」ラベルをご紹介します。
d0225198_10355323.jpg

△Y514 1シート24枚/4デザイン 渋い色味が和紙などと相性が良さそうです。

d0225198_10372997.jpg

△B252 1シート24枚/1デザイン 左の植物がどことなく竹っぽく、アジアンテイスト。

d0225198_10384295.jpg

△B245 1シート24枚/1デザイン 白・黒・金のシンプルさが和風に感じますね。

[PR]

by brain-systems | 2012-03-28 10:44 | 調べる課