美術館に行ってきました 仁和寺展〜千手観音の手は千本以上

こんにちは!
アドレスラベルのブレインシステムズですが
今日は個人的に行ってきた美術館のお話です。



国立東京博物館
「仁和寺展」
d0225198_15122632.jpg

d0225198_15014262.jpg


上の部屋は展示全体の6割を過ぎた頃に通過する
唯一撮影OKなお部屋です。
仁和寺では公開されていない、修行のお部屋を再現しているそうです。

背面や通路には、まるでお寺に行っているかのようで
お寺の内壁が、写真の壁紙で再現されており、
臨場感を味わえます!


入って最初の方は、書き物系が多く
空海の字や、色々な時代の天皇の書なども多数あり
「字、綺麗〜!」という親近感を感じている声が
あちこちで聞こえてきます。


そして、写真の修行堂の再現を通ぎると、
多数の仏像が現れます。
順番は忘れましたが、曼荼羅もあります


国宝&重要文化財がごろごろあり
最初こそ「国宝!」と浮かれていましたが
それもだんだん慣れてしまいます。


そして、
最後にあった千手観音のインパクトは大でした。

d0225198_15265008.png
d0225198_10560559.png

これは仁和寺を総本山とする、真言宗の宗派に属するお寺
葛井寺(ふじいでら)の国宝であり、秘仏。
 秘仏という響きがかっこいい……


実は千手と言いながら、1041本あるそうです。

あ…本当に作るとこうなるんだ。。。そんな感じです。

手がびっしり。

多くの場合40本の手で「千手」を表現するそうで
40本の観音も幾つか展示されています。

それらを見た後、振り返ると
そこに、どーん!
1041手観音がいらっしゃる、という演出。

仏像自体も等身大以上にみえました。
迫力があります。


お寺にある状態だと、近づけない、背面までは見られない
ことも多いのですが、その辺りじっくり見られるのも
展覧会の良いところと言えるでしょう。

3/11までだそうです。
興味ある方はお早めに!

私が行ったのは、2月半ばで
スムーズに入れましたが、人は多いです。

会期間近は、時間が経てば経つほど
混み合うことが予想されますので、
午前〜昼が狙い目かもしれません。




ブレインシステムズはアメリカ生まれのアドレスラベル(ラベル=シール)を輸入し、
住所・電話番号・メールアドレス・メッセージなど…
皆様のお好きな文字を印字してお届けする
半オーダーメイドのラベル会社です。
用途は手紙・ハガキはもちろん、仕事・ラッピング・ウェディング・各種お知らせなど、
デザインに合わせて色々な楽しみ方が可能です。
沢山の可愛いデザインの中からお気に入りを見つけて下さい!



[PR]

by brain-systems | 2018-03-06 09:44 | 美術館に行ってきました