有名な物語を勘違い

こんにちは!
アドレスラベルのブレインシステムズです。

先日同僚と雑談をしていたら、
子供の頃に聞いた物語のあらすじの記憶が
かなり曖昧だとわかり、話をしていて面白かったので
みなさまもどうぞお試しください。

これらのストーリー覚えていますか?

        ・アリババと●人の盗賊(何人だと思います?)
       ・ヘンゼルとグレーテル
       ・青い鳥
       ・因幡の白兎
       ・赤い靴

〈青い鳥〉
d0225198_11313319.jpg
青いのもいるよ!




〈ヘンゼルとグレーテル〉
d0225198_11164809.jpg
まさに、期待通り!



〈赤い靴〉
d0225198_11180468.jpg
赤いといえば赤い靴




ヒントは…

●アリババ=開けゴマ
●ヘンゼルとグレーテル=お菓子の家
●青い鳥=チルチルとミチル
●因幡の白兎=皮がむけて泣くうさぎ
●赤い靴=赤い靴が欲しくて買ってしまう


どれも有名なタイトルですよね。
いかがでしょう?思い出せましたか?

でも、私は全部勘違いしてました。

他の物語と混ざっていたり、
そもそも、内容を知らない物語もありました。

そして、調べてみると
けっこう残酷。。。

現代人の私たちからすると、
ちょっと怖いかもしれませんが
お子様へは、大人への入り口として
たまにはいいかもしれません。













ブレインシステムズはアメリカ生まれのアドレスラベル(ラベル=シール)を輸入し、
住所・電話番号・メールアドレス・メッセージなど…
皆様のお好きな文字を印字してお届けする
半オーダーメイドのラベル会社です。
用途は手紙・ハガキはもちろん、仕事・ラッピング・ウェディング・各種お知らせなど、
デザインに合わせて色々な楽しみ方が可能です。
沢山の可愛いデザインの中からお気に入りを見つけて下さい!



[PR]

by brain-systems | 2018-04-12 11:34